上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは!

うさぎ治療院です。

そろそろ寒くなってきましたねー。

今回は、運動と休息についてです。


運動とかスポーツとか体を動かすとカラダにいいとか言いますが、もう少し突き詰めて考えると

体にいいのは、運動のあとの休息が体にいいのです。


運動は、特にスポーツは筋肉や関節が損傷します。

そのあと、休息することで回復し強くなるのです。筋トレとかはまさにそうですよね。

休息を十分に取らないと、損傷している部分が十分に回復せず、ケガとなり、かえって調子が悪くなりま

す。

あと、細かく言うと、筋肉や関節は人それぞれに、体の部分部分で縮みやすいところと縮みにくいところ

があり、簡単な休息ではより固まっている縮みやすいところまでは緩まないので、その部分は回復が

十分になされず、伸び縮みが悪くなり、左右差が強くなったり、痛みやコリが出やすい部分になっちゃう

こともあります。


休息の仕方は、体が楽になることで、温めて寝るってのが一番だと思います。


ただ、スポーツが趣味とか、体動かすの大好きで、そんなめんどくさい事言われてもって言うのも

わかりますので、あくまで健康のために運動している方は、こういうことにも気をつけてみましょう。


これは運動とかだけのことではなく、なんでもそうですよね。勉強でも勉強して寝ることで覚えますし

風邪でも薬飲んで、寝て起きてどうなるかですし、スポーツとかでもうまくなるために練習して、寝て

うまくなるのです。

スポーツとかで、昨日できたのに、今日はまたできないが、日ごとにうまくなっているとかいうのは、勉

強の時の短期記憶と長期記憶みたいな感じで、その日うまくなったと感じるのは短期記憶で、徐々にうま

くなっているのは、長期記憶が働いているからです。


ちょっと自虐になりますが、うさぎ治療院の施術も、その場はよくなったと感じたのに、次の日はやっぱ

りつらいとかってのも、施術効果が短期記憶の部分にしか入り込まなかったということです。


慢性的な症状を改善させるというのと、スポーツがうまくなるのとは似ています。







スポンサーサイト
こんにちは!

うさぎ治療院です。

前も目について書きましたが、とにかく目を使うので、前はそんなに重要視していなかったのですが

最近は目ですね。しょうがないですけど、パソコンというより、スマートフォンが急速に広まった

せいでしょうか?


やっぱりスマートフォンを使っている時の姿勢は、パソコンのときより明らかに悪いですよね。

神経的に目と首の筋肉の神経は直接つながってはいませんが、自覚症状は別にしても、どうしても首

が緊張している人が多いなと感じます。

あと、目と肝臓は東洋医学では連動性があり、目が疲れると、肝臓も疲れます。


肝臓は、一言で言うと、体のお掃除屋さんですね。ゴミ袋いっぱいになり、肝臓が緊張してしまい、

肝臓は体の右側にあるので、右半身が緊張して、右肩上がりになってしまいます。

昔は、右肩上がりの人はそんなにいなかった感じがします。


対策としては、自覚症状はなくても、夜、寝る前に目を蒸しタオルなんかでよく温めましょう。

あと、肝臓はお腹の上の方の、あばら骨のキワの右側(みぞおちの右側)にある大きな臓器なので

そのあたりのお腹を手の指であばら骨のキワの中に入れるように痛くない程度グゥーと入れて、

そのへんの硬さがなくなるまでゆるめましょう。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。