上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは!

うさぎ治療院です。



今回は、汗とゆるみについてです。


冬は、寒いので汗が出にくい季節です。

出にくいというか、体の熱が逃げないようにしています。

反対に、夏は体の熱が逃げやすいようになっています。


筋肉がカチコチになるというのもそうですが、その前に関節がカチコチになります。

そのベースには呼吸の乱れや浅さがありますが、関節がカチコチになると、関節の動きの幅が小さくなっ

ている状態なので、なんとなく体がだるく感じやすいです。


夏は夏で、熱が出やすい状態のところに、エアコンなどで寒くなると、熱がこもってしまいやはりだるく

なったりします。


いずれにせよ、汗を出すということは、冬場は特に重要だと思います。

だるいというのは、そもそも熱がたまっている状態なので、汗を出すことで、関節が緩まりだるさが

ぬけてきやすいです。


風邪などで、体に熱が膨大にたまっていて、汗で出している状態のときは、関節が緩まっているときな

ので、力も入りにくいですし、こういうときに頑張って動いていると、関節が緩まっているので、

不安定なので、容易に関節がずれたりしてしまい、ぎっくり腰とかになります。

風邪気味なのに無理して頑張っているときの朝の、何気ない動作でぎっくり腰になるのはこういうことが

原因です。

冬場に風邪をひきやすいのは、ゆるみたいという体の要求から来るものもあると思います。


もともと汗をかきにくい方は、冬場に汗を出すのはなかなか大変かもしれませんが、なんとか頑張って

みましょう。

そういう方は、ベースには呼吸が浅いとか、乱れやすいとか、息がつまりやすいとか、何か呼吸の

不便さがある方が多いと思います。


冬は温まるというか、もう少し踏み込んで、温まって汗を出すようにしてみましょう。

スポンサーサイト
こんにちは!

うさぎ治療院です。

とにかくさむいですよねー。


前にも書きましたが寒いのでのでまた書きます。



寒いと、肩や首あたりをすくめますよね?

なぜなんでしょう?


首の根元(肩甲骨の間の上辺り)には、自律神経が豊富にあり、体温の調節を含め体の色々な調節をして

います。体の外部に対するセンサーみたいなところです。


マフラーを巻くと体が温かく感じるように、肩をすくめることで首の根元を緊張させて固くすることで体

の熱が逃げないようにします。

反対に、夏など暑い時は、肩が下がり、ゆるめることで、体に溜まっている熱を発散できるようにしま

す。


こういうのは、温度だげではなく、さまざまな刺激にも敏感に反応して体を守ろうとします。


お仕事などで緊張状態というのは、体にとっては、すごく寒いのと同じ感じです。


緊張状態が抜け切れずに長く続くと、寒さに耐えるときと同じように首元がすくんできて背中が丸まって

きたりします。

肩こりは、単に姿勢とかだけではなく、こういったことが絡んでくるので難しい問題となります。


でも、しょうがないことでもあるので、そこら辺は、なるべく疲れをためないようにとかしか言えません


あと、興味があること、楽しいとき、楽な状態のときには首が長くなるような感じになります。

ポカポカ陽気のときと同じ感じです。


こういったことから、寒いとき、ストレスが溜まっているときは、なるべくお風呂につかって

あたたまりましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。