こんにちは!


うさぎ治療院です。


今回は、くびれについてです。

IMG_0686_2014041710025592c.jpg

上の図が通常の状態で、背中側から見た骨盤あたりです。



二つの骨盤があり、股関節が骨盤にあることがポイントです。

IMG_0687_20140417100345bf3.jpg


次は、股関節を開いた状態です。

股関節を開ききると、骨盤は下の方が一緒に開きます。


骨盤の上の方は、反対に閉じていきます。


そうすると、骨盤の上についている、横っ腹の部分も閉じていきます。


シンプルに大まかにこういうことで横っ腹の状態が決まります。


実際は、左右一緒というよりはどちらか一方だけ骨盤の上の方が

より開いていたり、前回の内容と合わせて、前後左右に、立体的に捻じれています。


骨盤の上の方が閉じた状態が、

一般的に骨盤が締まっているといわれる状態です。


骨盤の上の方が閉じると、腰はそりやすくなり、骨盤の下の方が閉じて上の方が開くと、腰はそりにくくなります。


目安としては、


横っ腹がを指でがばっとつまんで、固くて張りがあるように感じる側が、骨盤の上の方が締まっている側です。


座っていることが多い方が多いと思うので、そうすると、骨盤の下の方ばかりが締まってしまう場合があります。


腰はそりにくくなり、丸くなり、ますます骨盤が開いちゃいます。


それが長く続くと内またの固さが前の方に回ってきて、太ももも固くなり股関節もそりにくくなります。


ますます丸まります。


内またのストレッチはこまめにやるといいと思います。


太もものストレッチも時間があればやるといいと思います。


内またと太もものストレッチをした後はウエストは細くなります。


継続してやってみましょう。

























こんにちは!

うさぎ治療院です。

ようやく少し暖かいですねー。

春が待ちどうしいですねー。


今回は、さわって伸ばそうです。


本格的にストレッチするみたいな感じではなく、普段、つらいところや痛いところを、何気に伸ばした

り、あるいはずっと座っていて腰などが固まった感じになって、ぐぅーとそらしたりすると思います。

その時に、できれば伸ばしたりそらしたりする部分の、その中の本当につらい部分を手でさわりながらや

ってみましょう。


例えば、首の付け根がつらければ、その部分に手を当てて、真横に伸ばしたり、斜め下に伸ばしたり、首

を回したり。


腰の下側がつらければ、そこに手を当てながら、何回か、ぐぅーぐぅーそらしてみましょう。


もし首全体がつらければ、何回かやって、手を当てる位置を少しずつずらしながらまた何回か伸ばしてな

どとやってみましょう。


さわる力は、押し込むようにではなく、ピタっと接着剤でくっついちゃった感じの力くらいでおっけいで

す。同じ圧力でさわり続けながらやるのがポイントです。

ただ、慣れてくれば、いろいろな圧力で試してみるのもいいと思います。


指先や親指や手の平などどこでもいいので場所により使い分けましょう。


さわるってすごいです。


さわるとそこに神経が集中して、ストレッチや動きの効果をより限局して、まさにそこに働かせることが

できます。


普段のストレッチなども筋肉の中のよりつっぱる部分に手を当てながらやると効果が高まります。


いろいろ動いて、よりつっぱりを感じる部分に手を当てて何回か動いてって感じでやってみましょう!