上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは!
うさぎ治療院です。

さて、今回は、寒さと固さとねじれについてです。

背骨は、夏と冬で動きが変わります。

夏は暑いので、体の熱を発散するために全体としてはゆるみやすくなっています。その分ねじれやすいというか歪みやすいです。
ただ、汗が出にくい方はゆるみにくい体質なので、夏でも固いです。

冬になると、逆に体の熱が発散しにくくするために全体としては固くなります。汗も出にくくなります。
今ころは、中途半端な時期で、今日みたいに急に寒くなると、自律神経の働きで、ぎゅっと背骨が固くなります。

よく書いていたり、話しているように、背骨の右側は緩くできていて、
左側は固くできているので、ぎゅっと固くなるときは主にゆるい右側の方で、そのため、背骨が固くなる右側に引っ張られる感じになります。
骨盤の関節もいつもはゆるい右側が
固く締まってしまいます。

そうなると、いつもは固い左側で支えているのに右側に引っ張られてしまい、支えを失ってしまい、寝違えみたいな左首や左肩の痛みや、いつもは感じにくい左腰の痛みが急におきたりします。

夏のねじれが残ったまま寒くなると、こういう風になりやすいです。

この時期は、上記のように、なんか変な風に固くなるので、なんか体調がすぐれないとかも多いかと思います。

対策としては、とにかく汗をいっぱいかきましょう!
汗をかくというのは、ゆるむことなので、固くなって変になっている右側の関節をゆるめる効果があります。

軽い運動が一番ですが、お風呂やサウナなんかもいいと思います。

何日か続けると効果が出ると思います
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。