上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは😃うさぎ治療院です。

今回は、『左投手のクロスファイアーなどについて』です。

たまには、少し男性向きの事も書いてみようと思います😃

野球の左投手はなぜクロスファイアーなのか、なぜ打ちにくいと言われるか、うさぎ治療院的に書いていきたいと思います。

まず最初に、身体を上手く使うことはどういう事か考えていきたいと思います。

理由は長くなるので省略しますが、絵に書いてあるように、どなたでも本来なら重心を右にずらしての左回りはやりやすいです。

左回りを詳しく考えてると、重心(骨盤)を右にずらすと、骨盤は右回りして、上体は左回りする感じになります。骨盤が右回りすると、左骨盤が閉まり左足のつま先に加重がかかり、右骨盤は開いて右足のかかとに加重がかかります。

そういうことで、左つま先と右かかとが、運動軸になります。

立体的に動くには、クロスの軸が都合がいいです😃

右投手では、投げる時は、左足で支持して右手で投げますが、左足の中でも左つま先で支持します。そうすると骨盤は右回りします。そして上半身をを左回りさせて投げます。

つまり下半身は右回り、上半身は左回りでねじる感じになりますが、相殺することになり結果的には、上半身は打者の方に真っ直ぐにズドンと向かってくる感じになります。

体の動きとボールの動きが一直線になります。

投げ終わりでは、左つま先で支持しているので、最後、つま先立ちみたいになり、伸び上がるような感じになります。

右投手は投げ終わった後、よく見るとビョーンと伸び上がる感じになりやすいです。

本題の左投手はどうなるでしょう?

左投げでも、運動軸は左つま先と右かかとなので、左投手では、右足の中でも右かかとで支持して左手で投げます。

右かかとで支持だと、やっぱり骨盤は右回りします。ただ上半身は右投げと違い、左投げなので右回りします。

つまり、下半身も上半身も右かかとを軸としてコマみたいに回るように右回りします。

ねじらないで投げます。これが右投げとの違いです😃

左投げの投げ終わりは、クルッと回ってしまう感じになりやすいです。あと左投げは折りたたむように投げる場合もあります。

気づいたら長くなってしまいまして、文章ばかりで分かりにくくすいません😔

次回、図を交えて、サッカー⚽️の例なども交えて、分かりやすくまとめたいと思います!

読んでいただきありがとうございました😊
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。