痛みは炎症なので、炎症がおこると傷を治そうとする時みたいに

炎症部分にさまざまな反応がおこります。

ポイントは防御とコラーゲンです。前も書いたかな?

炎症を治す過程でこれ以上炎症が広がらないように、傷口をコラーゲンで

固めてしまいます。

体は守ろう守ろうとします。

なので痛みがとれても部分的な硬さが残り、ご自分では感じない程度でも

微妙に動きが悪くなり、そして凝りや、ハリにつながっていきます。

痛めてから1,2日は防御の期間です。

当院はこの期間を短縮するような施術をします。

それ以降、動きの回復もさせないと積み重なり慢性化します。

当院は微妙な関節操作により動きの回復を行っていきます。


理想は動きの回復と痛みの回復が同時におきることです。

寝違いなどで痛くなったら、すぐ来ていただけると嬉しいです。

そして2,3日後にもう一回来ていただけたら完璧です。

関連記事
Secret