上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たとえば、腰痛で前に曲げたり後ろにそらしたりする際痛い場合、多くは関節の

引っかかりが症状の主原因です。

なにかのタイミングで関節が引っかかってしまい、引っかかりが傷を作り、痛みとなります。

なのでまず引っかかりを取ることがその場の痛みを取ることよりも重要です。

当院では独自の関節操作で引っかかりを施術します。

痛みはその場では取れないケースがよくありますが、引っかかりが取れれば痛みは時間を

おいてなくなっていきます。

引っかかりが取れると、動きの幅が大きくなります。動作の回復、そして痛みの回復です。

痛いところをいっぱい圧迫すると、その場では痛みがなくなる場合はあります。

その際、動きが回復していないと、次の日とかにはまた痛くなります。

慢性化してると、そうはうまくいかない場合があります。

関連記事
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。