肩甲骨の写真


前回の続きです。かなり遅くなりました

上の写真の左側のように、背すじをまっすぐにしていると、肩甲骨はどこにもぶつからず、

変な圧力をかけないで、肩甲骨全体に均等に力がかかってスルスル動ける位置にあります


しかし右側のように背中を丸めると、骨の形状、筋肉の作用などにより、

肩甲骨がややずり上がります。そしてもっと重要なのは前方に背中を

押しつける力がかかってしまうことです

押しつける力は肩関節や筋肉の作用により肩甲骨の上部にもっともかかり、


したがって肩甲骨の下の方は浮いてくる感じです。


押しつけられている部分の背中にある肋骨(あばらぼねのことです)はグイグイ押されてしまいます。

慢性化すると肋骨の位置がずれてきて、容易に肩甲骨と肋骨が触れ合います。そして肩甲骨は本当は

どこにも支点を作らず、全体に均等に圧力がかからなければいけないのに、上の方ばかり圧力がかかりすぎて、

しだいに圧力がかかっている上の方を支点として動こうとしてしまいます。

当然肩甲骨全体の動きは設置面積が小さくなってしまっているので小さくなります。


これが肩付近のゴリゴリの秘密です。

あくまで筋肉がゴリゴリいっているわけではありません。

肩甲骨(肩)を回したらゴリゴリする方は、肩甲骨が右側の図のようにグイグイしていると思われます。


ポイントは、背中が丸まることは、肩甲骨のカドで背中をグイグイ押している状態ということです。

背中から誰かに押されているようなもんです。

なかなか難しいですが気をつけましょう
関連記事
Secret