骨盤が開いたり、閉じたりする大きなサイクルとして、寒くなると閉まってきます。

特に寒い日の朝はがっつり閉まろうとします。

多くの場合、ホームページとかにも書いてるように、左腰を支えにするからかどうかは正直、不明ですが

日常的に左の骨盤の方が閉まっていて硬く、右の骨盤の方が開いています。

なので、左の骨盤はさらに閉まるんですが、閉まるのは得意なのでけっこう大丈夫の場合が多いようです。

左のお尻がだるくなるとかはあるかもしれません。

一方、右の骨盤は閉まることがあまり得意ではないので、うまいこといかないとき、あるいは変に閉まってしまい

引っかかる感じになることがあります。

このため、腰痛が悪化したり、歩き方とかもなんか変になるようなことも多いです。

右の骨盤が硬くなると、お尻が右にいきにくくなります。

自己対策は、こういうときはよく寝ましょう

それでもよくならなければ当院へ!!



関連記事
Secret