今回は首の動きと重心の関係です。


その前に、足とかストレッチをして、これ以上いかないなーと感じるのは、筋肉が伸びた感じ、つまり、つっぱる感じがするからです。


太ももの裏とかで左右でつっぱり感が違うと「あー右のほうが硬いなー」とか思います。


つまり、


『動く範囲が少ないほうがつっぱる』


ということです。


当たり前と言えば当たり前です


しかし、首の場合、違う場合が多いです。



よくお話しているように、姿勢は、左お尻を軸に、首が右に傾いてバランスをとるケースが多いです。


そして、首を横曲げすると、ほとんどの方が、



見た目は左に曲げにくく、右には


曲げやすいです。



しかし、実際のつっぱる感覚としては、右に曲げたほうが左首筋のつっぱりを感じます。



つまり



『見た目は左側に曲げる方が曲


がらないのに、つっぱり感は弱


く、


見た目は右側に曲げる方がよく


曲がるのに、つっぱり感は強い』



よーく考えるとちょっと変ですよね?



これは、重心からの影響で、

軸側(左)に曲げるのがやりにくくなっているからです


つまり、首自体は問題なくても左に曲がらないのです。


首の動きを制限しているのは首ではなく軸のズレということです。


なので首はつっぱらないのです。


右曲げには制限がかからないので、首自体で最大限曲がるのでつっぱります。



顕著にこういう場合は、重心とのバランス関係を改善しないとなかなか肩こりが治りません。


なるべく真ん中を意識して座りましょう
関連記事
Secret