こんにちは!

うさぎ治療院です。


今回は、骨密度についてです。


骨密度が高ければ、骨が丈夫であるというのが言われています。


加齢により、骨密度が低くなり、骨がもろくなって大変!っていう話はもちろんそうなんですが、それが全てではありません。

骨密度は一言で言うと骨の中カルシウムの量で、
ポチっと指さした部分のカルシウムの重さは何g?っていうのが骨密度です。

これとは別に、「骨質」というものもあって、これは字の通り、骨の質ということです。 骨の成分の50%はコラーゲンで、コラーゲンが骨の質を表しています。
骨の強さを表す「骨強度」は

骨強度=骨密度×骨質


であり、骨密度が高くても、骨質が低ければ強度は悪いことになります


イメージは、鉄筋コンクリートの建物の、コンクリートが骨密度、鉄筋が骨質ということです。


両方大事です


骨質を上げるには、ビタミンB6、B12、葉酸の摂取がいいとされています


骨密度といえば、最近、滑るので転倒にはくれぐれもご注意してください


転倒後、続いている痛みや2、3日経ってからの痛みは、転倒による歪みが原因の可能性があります。


転倒による歪みは非常に治すのが難しい場合が多いです。


しかし、ほおっておくと、非常に頑固な歪みとして残り、いつまでの痛みに苦しめられるケースがあります


痛みが続いている場合は当院へお越し下さい
関連記事
Secret