上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは!

うさぎ治療院です。



今回は、汗とゆるみについてです。


冬は、寒いので汗が出にくい季節です。

出にくいというか、体の熱が逃げないようにしています。

反対に、夏は体の熱が逃げやすいようになっています。


筋肉がカチコチになるというのもそうですが、その前に関節がカチコチになります。

そのベースには呼吸の乱れや浅さがありますが、関節がカチコチになると、関節の動きの幅が小さくなっ

ている状態なので、なんとなく体がだるく感じやすいです。


夏は夏で、熱が出やすい状態のところに、エアコンなどで寒くなると、熱がこもってしまいやはりだるく

なったりします。


いずれにせよ、汗を出すということは、冬場は特に重要だと思います。

だるいというのは、そもそも熱がたまっている状態なので、汗を出すことで、関節が緩まりだるさが

ぬけてきやすいです。


風邪などで、体に熱が膨大にたまっていて、汗で出している状態のときは、関節が緩まっているときな

ので、力も入りにくいですし、こういうときに頑張って動いていると、関節が緩まっているので、

不安定なので、容易に関節がずれたりしてしまい、ぎっくり腰とかになります。

風邪気味なのに無理して頑張っているときの朝の、何気ない動作でぎっくり腰になるのはこういうことが

原因です。

冬場に風邪をひきやすいのは、ゆるみたいという体の要求から来るものもあると思います。


もともと汗をかきにくい方は、冬場に汗を出すのはなかなか大変かもしれませんが、なんとか頑張って

みましょう。

そういう方は、ベースには呼吸が浅いとか、乱れやすいとか、息がつまりやすいとか、何か呼吸の

不便さがある方が多いと思います。


冬は温まるというか、もう少し踏み込んで、温まって汗を出すようにしてみましょう。

関連記事
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。