上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは!

うさぎ治療院です。

今日は、激暑ですねー。
でも気持ちいですねー!

今回は、汗と捻じれについてです。

気温が暖かくなってくると、気持ちがほわっとする感じで、冬の間、縮こまった関節がゆるん

できます。このとき、左右を比較して、ゆるめの関節の方が先にゆるんで、かための関節の方が遅れてゆ

るんできます。

なので、冬の間の体の状態にもよりますが、春から夏にかけては一時的に捻じれが大きくなる傾向があります。

おおまかには、もともと首が左に回しずらい人が、一時的にもっと左に回しずらくなる感じです。


捻じれるということは、疲れるということなので、春は疲れやすいですし、だるいし、眠いし、やる気も

でないし、痛みもでやすいです。


この捻じれた状態のとき、自覚して、良く寝てゆるめられるといいのですが、時期的にそうもいかなくて

無理をすると捻じれをずっと引きずってしまいます。


汗が出ると、関節がゆるみます。


何回か繰り返し汗を出すことで、固い関節がゆるんできて、捻じれがとれてきやすいです。

一番は、軽い運動で、汗をかくのがいいとおもいますが、半身浴や、サウナ、岩盤浴などで汗を出すよう

にしましょう。


最近、疲れがとれない、だるい、眠い、やる気がおきない、というときは、捻じれがたまっていると思い

ます。


汗が出にくい方は、捻じれがぬけにくいともいえます。

花粉症やアトピーなんかも汗が出にくいことがよくないとも言われています。

呼吸が浅いなあーと思っている方は、サウナなどに行って思いっきり汗をかきましょう!

関節がゆるむと、呼吸がしやすくなりますよ。








関連記事
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。