FC2ブログ
こんにちは!

うさぎ治療院です。


今回は、足の裏のどこに重さがかかるかについてです。

「なんか、最近、気づいたら土ふまずを浮かして、足の外側で立っているなぁー」

ということありませんか?


足の裏の重さのかかり方は、腰ととても連動しています。


大きく分けると、まず、足の裏の外側か内側かです。

簡単に分けると、腰の動きが柔らかい場合、足の内側にかかり、動きが硬くなった場合、足の外側に重さ

がかかります。

実際は、左右どちらかが内側でどちらかが外側という場合が多いです。

普通は、左腰を支えにするので、左腰の方が反っています。反って動きのあるうちはいいのですが、疲れ

で硬くなってくると、男の人に多いですが、左足の外側に重さがかかってきます。

女の人は、わりあい腰の動きが柔らかく、内側にかかりやすいです。


足の外側に重さがかかりっぱなしが続くと、内側(親指側)にも重さがかかるように代償的に足先を外側

開いていって親指に重さがのるようにしてしまいます。


反対に、足の内側に重さかかりっぱなしが続くと、外側にも重さがかかるように代償的に足先を内側に閉

じていって小指側にも重さがのるようにしてしまいます。


大人は多くの方が、代償的な状態のねじれがあります。


仰向けで、ちょっと足先が開いているのは、普通なのですが、床と平行近く外側に開いている(ガニ股)

側の腰はかなり硬くなっていることをあらわしています。


反対に閉じ過ぎてしまっている(内股)側は柔らか過ぎで、これは腰の力が弱いことをあらわしていま

す。

でも、どなたも緊張を強いられることが多いせいか、硬いと感じる方が多いです。


硬くなってくると、それを緩めようと、腰が丸まってきてしまい、背中、肩甲骨の間、肩、首と緊張をど

んどん上の方に伝えていってしまいます。


硬さと強さ、柔らさと弱さの全てのバランスが重要ですが、人それぞれの体の個性もあります。


そういうのは、足裏の前後のバランスに現れるんだと思っています。


しかし、左右の差があり過ぎるのは良くありません。

バランスが調整出来なくなると、症状として出てきます。


最初に書いた、立っているときや、靴の裏を見て、外側が減っているようでしたら、腰が硬くなっていま

す。

開脚や太ももをのばすなど、足をストレッチすると、腰も柔らかくなりやすいです。
関連記事
Secret