上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは!

うさぎ治療院です。

今回は、うさぎ治療院です。様々な対処法とその効果についてです。


「腰が痛くて、家で何すればいいでしょうか?」

という場合、例えば、ネットで検索すれば、様々な対処法が出てきます。

さあ、一体何をしましょう?ってなった時の目安にしていただければと思います。


1.本能的に心地よいこと

例えば、痛いところを温めたり、さすったり、もんだりすると心地いいですよね。

こういうのは特に理由なく、赤ちゃんだって心地いいですよね。まず大前提としてこういう感覚はとても

重要になります。心地よいという感覚は体が受け入れてくれます。


2.個人的な感覚

これは、微妙な感じなのですが、例えば、赤ちゃんや子供には、大人のような「痛いけど気持ちい」

という感覚はありません。痛いか、気持ちいいかです。だんだん大きくなるにつれ、微妙な感覚を身につ

け、人それぞれのものがあると思います。ただやっぱり心地よいという感覚が重要になります。


3.仕組みの理解

ここがけっこうお伝えしたいところで、ちょっとめんどくさい話ですが、

例えば、なんの薬かわからないで服用しても効きにくいですし、

これを飲めば治ると言われて飲めば、それが薬じゃなくても治ったりすることもあったりします。


人は精神の生き物なのでこういうことがあるんだと思いますが、その他の動物だと、本能的部分に働き

かける以外(さする、愛情を注ぐなど)はこういうことはないんじゃないかと思います。

なので、まず何かするときに、なるべくその仕組みを理解することが重要です。


例えば、腰痛ベルトみたいなものも、商品パッケージに書いてある、こういう原理で効果があるとか

書いているところを読んでみましょう。そしてなんとなくでいいので「なるほどー」と思ってから使用す

ると効果が出やすいと思います。

なかなか理解ができにくいことは効果が出にくくなると思います。


何かストレッチや体操をする時とかも、結局それをすることによる意味や効果がわかっているのといない

のとでは効果が違うと思います。

調べられる範囲でいいと思いますので、ちょっと気にしてみましょう。
関連記事
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。