上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは!
うさぎ治療院です。

今回は、足がつる(こむら返りなど)ことについてです。

前も書きましたが、よく聞かれるので、原因について、うさぎ治療院的解釈を書きたいと思います。


足がつるのは、一言で言えばつる部分の水分不足が原因です。

つる部分の代謝異常であると思います。

筋肉は、水分が足りないと痙攣します。

スポーツ選手がつるのはわかりやすいですね。

なので、朝方とか、激しい運動中とか、乾燥している冬の時期とか、あと変な話、お腹を下しているときとかがつりやすいです。

あと前日の夜、アルコールを飲み過ぎたりしたときや、夏の暑い日、水を飲まないでビールばっかり飲んだときの朝とかもつりやすいです。

アルコールは体内で分解するときに、水分を使うので、アルコールばっかりだと脱水してしまうからです。

日々の疲労がたまっているとか、調子が悪い時もつりやすいです。

疲労というのは、筋肉の緊張の差が強くなっている時に感じるので、緊張しやすいところは、

より緊張し、緩みやすいところは緩んでしまうからです。

多くは左のふくらはぎがつりやすいです。

もともと、多くの姿勢の場合、緊張しやすいところだからです。

あと、指がつるとか、すねがつるとか色々な場所がつったりする場合もありますが、その部分が緊張しやすいところってことだと思います。

しょっちゅうつってしまう方は、寝る前とかに、水分補給を心がけましょう!

つってしまっている最中は、伸ばすとか色々ありますが、伸ばせれば伸ばしてもいいですし、叩いたり、つねったり、さすったり、要は、つっている痛さと違う感覚を与えることに意味があります。

触れないくらい痛ければ、体のどこかの皮膚を思いっきりつねるとかも有効だと思います。

結局は、つってしまったら、痛みというのは電気信号なので、

放電しきる(痛みランプみたいのが消えるみたいな感じ)まで、痛いことは痛いままかもしれません。
関連記事
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。