こんにちは!うさぎ治療院です。

今回も『ぽっこりお腹を治す その4』です。

縮めるとお腹ぽっこりをもうちょっとわかりやすく説明できるかなと思って、座ったときの絵を描いてみました。
横から見てます。

ポッコリお腹

わかりやすくするためかなり極端な姿勢で描いています。



絵のとうりなのですが、お腹を伸ばす姿勢にするには、お腹がしっかり伸びるようになっていないといけません。

そういえば、よく丹田に力を入れてとか言いますが、それは、左側の絵のイメージで仙骨が前に倒れる力と下腹部が伸びることにより生まれる、お腹からお腹の中心に向かう力が拮抗することになります。

この話はまた別の機会で、、、。

伸ばすといいと言うのが、なんとなく良さそうな感じしてきました?

そう感じた方は、いよいよ実践編でストレッチをやってみましょう!

太もものストレッチ syou


ストレッチはとても簡単です。
このストレッチはほんと様々な調整に非常に有効です。

ただし、やり方というかイメージを持ってやれるかどうかがとても重要です。

まずは、片足ずつ伸ばしてみましょう.

まずは、お腹を伸ばす前に、股関節が硬いとお腹まで伸びる力がかかりません。

股関節の前を伸ばすイメージで、伸びてきた感じがしたら、今度は、お尻の真ん中の仙骨を、天井の方に押し上げるようなイメージで伸ばしましょう。

注意することは、お尻を浮かすのではなく仙骨を押し上げるように呼吸を意識してやってみましょう。

あと、腰をできるだけ反らさないで、あくまで仙骨を押し上げましょう。

腰を反らすようにやると、腰が痛くなるかもしれません。注意しましょう。
両足ともやりましょう。

最初は1日寝る前1分くらいにしましょう。
慣れてきたら、両足一緒に伸ばしてやりましょう。
これと一緒に前に『くびれをつくる』のときに載せましたうつ伏せカエル足のストレッチと合わせてやると効果的です。

ホーム画面にのせておきます。

繰り返しになりますがポイントは仙骨を常に意識して行うことです。

時間は長くても2分くらいまでにしましょう。

筋肉はゴムと同じで縮むことしかできません。
ゴムを伸ばすと、伸びるんですが、見方を変えると縮んでいるとも言えるかと思います。

伸びながら縮んでいるというか、、。

お腹の筋肉も同じで、いかに伸びながら使えるかだと思っております。

ストレッチの体勢で、もうすでに足とかがつりそうになるなどの場合、ほとんどお腹に伸びる力がかかっていないと思われます。

そして、少し続けてお腹が伸びてきたとしても、普段の生活は丸まっちゃうことが多いので、あと疲労がたまったりすると、やっぱり縮んできてしまいます。

歪まない身体はないので、そういうのを、日々感じながら、うまく生活の中にストレッチを取り入れていければいいなぁと思います。
関連記事
Secret