上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは😃うさぎ治療院です🐰
今回は『開脚について』その1です。
開脚することが良いなど言いますが、開脚について、うさぎ治療院的に書いていきたいと思います。

開脚をする際、2種類のイメージを持って出来たらいいなと思います。

1つは、内股の筋肉が伸びる開脚で、つまり普通の開脚です。ただイメージと言うか、意識は、内股の左右の伸びる感覚や足の開く角度が、だいたいの人が違うと思いますので、それをそろえる事を目的としてやってみましょう。

内股の筋肉は、唯一、骨盤のズレをダイレクトに反映しています。骨盤が開いていたり閉じていたりすると、どちらの場合も動きが悪くなるので、そうすると開脚の動きも悪くなります。

前に書いたように、
・動きがない=不安定
・動きがある=安定
なので、骨盤の動きが悪く、不安定な状態が続くと、動きを吸収出来なくて、腰や股関節に痛みが出たりします。足を開いて股関節が痛いとかは、骨盤の動きがなくなっている合図です。
次回はもう1つのイメージの事を書きたいと
思います😃
関連記事
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。