こんにちは😃うさぎ治療院です🐰
今回も『開脚について その2』です。

前回はいわゆる普通の開脚についての説明でしたが、今回は、やり方は普通の開脚なのですが、意識やイメージを変えてやってみましょう。

開脚をする時、内股を伸ばすストレッチと考えずに、腰や骨盤あたりを縮めて、身体の中心に力を集める体操と考えてやってみましょう。
身体は中心(重心)にはどれだけ力が集まってもいいとされています。よく下腹部に力を入れるようにとか言いますよね。
開脚

絵のように開脚すると、力の向きは矢印のようにかかります。一般的な開脚は、頭を床につけようと背中を丸めて前に倒してやりますが、そうやると、力の一部が頭の方に逃げてしまい、中心に力が集まらなくなります。

そこで、開脚の姿勢で、なかなか難しいのですが、仙骨(骨盤)あたりを前に押すような感じでやってみましょう。そうすると、腰にそる力がかかり、中心に力が集まります。
これはストレッチというより、動きを与える体操と考えてみましょう。何回でも動きを覚える気持ちでやってみましょう。

関連記事
Secret