上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは😃うさぎ治療院です🐰
春は身体的にはゆるみの季節です🌸
何かと忙しい時期でもあるのですが、睡眠をしっかりとってのんびりと過ごす事も大事にしましょう!

今回も前回の続きで『左回りと骨盤と肩の高さについて その2』です。

前回の結論は、身体は左回りがやりやすく、右回りがやりにくいという話しでした。
スキャン 2017-

左回りの力が身体にかかると、絵のように左回りの遠心力がかかり、そのため左側の骨盤が閉まり、右側の骨盤が開く力がかかります。

右回りは反対で、左側の骨盤が開き、右側の骨盤が閉まる力がかかります。

どういう時に左回り、右回りになるかというと、左回りは主に動いている時です。動きを優先した形です。

右回りは主に動いていない時です。固定を優先した形です。右回りはやりにくいので、動きがすぐ終わって、その分、固定の力がかかりやすい事になります。

ただし、座っている時は、支えを左側にするので左回りの力がかかります。なので、座っている時は固定の力はかからないので常に細かく姿勢を変えないと安定しません。

立っている時は、左足を支えに右回りの力をかけて、固定の力をかけて体を固定させます。なので二本足で立つことが出来ます。

文章も内容も、わかりにくくすいません😵
あくまでうさぎ治療院的な考えとしては、地球規模で考えると、だまっていても、重力の他に、左回りの遠心力が常に身体にかかっていると考えています😌

なので左回りはやりやすいです。その左回りの力を使って、言わば、流れに乗るか逆らうかみたいなイメージで、流れに乗ればいい面もあるけど、逆らう事で、固定や緊張感を作り出す事が出来たりします😃

子供は基本左回りで、大人は特に最近は右回りの力がかかりやすいかなと思っています。次回に続きます!
関連記事
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。