上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは😃うさぎ治療院です🐰

さて前回の続きで、クロスファイアーについて、右投げと左投げの違いです。
クロスファイヤー syou

下手な絵ですが、黒色が下半身、赤色が上半身を表しています😃

これはかなり極端に表現してますが、右投げは背中をねじる感じで投げます。下半身の左つま先を支点とした右回りと上半身の左回りが相殺されて体とボールの軌道は直線的な感じになります。支持は主に左つま先になります。

左投げは背中をねじらないで上半身と下半身が右かかとを支持として、股関節でコマみたいに右回りに回るように投げます。

なので、ボールの軌道と体は、少し斜めな感じになります。

この斜めな感じがクロスファイアーになるのかなあと思います。

高校野球くらいだと色々ですが、プロだとほとんどが左つま先と右かかとの運動軸を使っています。

あと意図的に運動軸じゃない使い方をして見える時もあります。

野球未経験なのに何ですが、ダルビッシュは典型的な左つま先支持ですが、マー君は左つま先支持と、時には、左かかと支持で投げてるように見えます。左股関節の使い方が器用に見えます。

楽天の松井投手は右かかとでコマみたいに回ります

まさにクロスファイアーって感じに見えます😃

日ハムの宮西投手は、サイド気味なので、コマの遠心力がよりかかるので、それに負けないように右かかとと右足の外側(小指側)で支持して投げているように見えます。

左投げでサイド気味だと投げる時のバランスが難しそうなので、それが出来る宮西投手は打てそうで打てなく特別なんだと思います😌

ソフトバンクのサファテ投手は、右投げなのに、左かかとで支持して投げていて、右投げのクロスファイアーみたいに見えます。外人だから出来るのか分かりませんが、打者はかなり打ちにくいんだと思います。

打者だと左つま先と右かかとの支持が結構分かりやすくて、ホームランの時など自分のスイングをしている時は、打ち終わりに右打者は投手側の左つま先が地面から浮かないですが、左打者は右かかとを使うので投手側の右つま先が地面から浮いています😃
ニュースや新聞などで、是非観察して見てください!

運動軸を有効に使うには右投げ左打ちが良いというか楽に感じます。

あくまで全てうさぎ治療院的な見方なのでご理解いただければと思います😌
関連記事
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。