長く座っていると、モゾモゾと姿勢を変えたり、足をくんだり
肘をついたり、腰をひねってみたりしますよね?

気づいたら首がすごい傾いてたとかありますよね?

最初はちゃんと骨格と筋肉で姿勢を安定させれるのですが、
筋肉が疲れてくると、使う部分を微妙に変えながら、姿勢を
維持しようとします。

ちょうど、物を持てって、疲れてくると持ち直すようなイメージです。

重心がずれていると、早くから安定性を筋肉に依存してしまいます。

いきなり重い物を傾けて持っちゃったような感じです。

すぐ疲れちゃいますよね?

物もしっかり安定した状態で持つと疲れづらいのと同じで、座り始めの
姿勢がとても重要です。

座るとき、すこしおしりを後ろに突き出すようにして腰がそる状態にして
座りましょう。

なにげに座るというのは、なにげに重いものもっちゃうのと同じです。

あとは再三書くようですが、こまめに立ち上がりましょう。

重いものもつとき、何回も置いて休むのと同じです。

筋肉をいたわりましょう。

でも理想と現実があってなかなか難しいですよね
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://fukuzumimp.blog95.fc2.com/tb.php/78-125d3011