上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肩こりの図_convert_20091011170033
左側の筋肉の状態としては、引き延ばされて細くなって弱くなっています。
なのでもまれたりなどの刺激にめっぽう弱いです。左首のほうがもまれると痛く感じやすいです。

右のほうがこるのに、もまれると左のほうが痛いねって話はよく聞きますよ

一方、右側は常に縮まっているので太くもりあがった感じになります。
ここで右肩のこりの原因として、右側の関節がどこかでぶつかって関節の症状として
こり感をだしている場合があります。

右肩、首がこる方は筋肉がもりあがっているので、筋肉が原因と考えがちですが、実は
関節の症状かもしれません。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://fukuzumimp.blog95.fc2.com/tb.php/85-d31c36d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。